Guilty『虜ノ翼 ~舞台裏で淫らに踊る処女人形~』レビュー(評価:優)

芸能人の卵達による性接待をテーマにした傑作。エロシーンは、快楽以上の嫌悪感に苛まれる輪姦がとても多い。AV堕ち、風俗堕ちあり。1対複数だけでなく、複数ヒロインを交えての輪姦もある。

あらすじ

禰矢(ねや)郁美(いくみ)は、私立美乃守学園の普通科2年生だが、芸能科の女生徒ばかりの演劇部に所属している。演劇部の部員達はみんな仲が良く、次回の公演に向けての練習に励んでいた。しかし、芸能人の卵でもある部員達が、仕事などでバーン系列の芸能事務所に関わると、彼女達の様子は途端におかしくなってしまう。それに気づいた郁美は、自らも芸能界に蔓延る闇のなかへと足を踏み入れていく。

どんな作品か?

散々枕営業させたれたあげく、AVまたは風俗堕ち

梨々紗「……バーン系列の芸能事務所って 枕営業の噂が絶えないんだよね」 / Guilty『虜ノ翼 ~舞台裏で淫らに踊る処女人形~』(2022)

芸能事務所に所属する女子学生達やAV女優が、事務所の命令で性接待を強要される群像劇。

共通ルートは郁美視点を軸として進められるが、郁美以外の視点にも頻繁に切り替わる。個別ルートは、そのルートで主役となるヒロインの視点が主となる。エロシーンは、ほぼ全てヒロイン視点だ。

ヒロインはみんな性接待要員としてこき使われるが、時期が来ればAV出演させられたり、あるいは裏風俗に沈められたりする。トゥルーエンド以外は、全部バッドエンドだ。

ちなみに、トゥルールートを進んだとしても、誰一人として陵辱を回避することはできない。ヒロイン達にとって、トゥルーエンドはバッドエンドより遥かにマシではあるが、彼女達がそこに至るまでの過程で酷い目に合わされることには変わりない。

苦痛と嫌悪感に苛まれる女子学生達

本当はあの場で私は声を上げて泣きたかった。 / 出典:同上

芸能人の卵である女子学生達は、心から望んで性接待をするわけではない。彼女達は事務所の会長や社長にレイプされて処女を失っている。だから当然、彼女達は彼らを憎んでいるが、家族や友人を救うために、仕方なく身を捧げる道を選んだのだ。

女子学生達は処女喪失から間もなく性接待をさせられるが、接待相手の男達は何の配慮もしない。ただ欲望のままに犯し尽くすだけだ。

女子学生達のエロシーンは、輪姦が多い(*どんな種類の輪姦があるかについては、「エロシーンのリスト」を参照)。輪姦シーンでは、女子学生の意識が朦朧としたり途絶えたりしても、そのまま何度も犯され続ける。1対1の性接待でもほとんどの相手は性欲旺盛であり、一度射精しただけでは終わらない。

淀野「は? 何言ってんだ。一発で終わるわけないだろうが。そら、二回戦だ!」 / 出典:同上

最近まで処女だった女子学生は、いきなり快楽に喘いだりはしない。処女喪失レイプでは苦痛や不快感ばかりがあった。その後の性接待では、接待相手の機嫌を損ねないよう淫らな反応を返すこともあるが、内心は嫌悪感に満ちている。無責任に中出しされて妊娠してしまう恐怖もある。体のほうがすっかり男を受け入れるようになっても、男達への嫌悪感は肉体的快楽よりもずっと強いままだ。

そのため、女子学生達のエロシーンの多くは、悲痛と嫌悪にまみれている。彼女達は、心が折れてしまうまで、快楽を素直に受け入れようとはしない。しかし、いったん絶望のどん底に落としてしまえば、それまでとは異なる痴態を見せてくれる。

一方、本作唯一の大人の女性ヒロインである未希だけは、ウブな女子学生達と違って、最初から理不尽な性接待やAV撮影にも慣れている(*未希についてより詳しくは「各ヒロインの特色」を参照)

未希は、犠牲となった女子学生達を陰ながらサポートしてくれている存在だ。そんな彼女との関係次第で、郁美をはじめとする女子学生達の運命は変わってくる。

各ヒロインの特色

禰矢 郁美 CV:猫田みけ

禰矢(ねや)郁美(いくみ)は養護施設育ちで、現在は学園寮暮らしの成績優秀な普通科2年生。

郁美は、共通ルートの仮主人公的な役割を担っている。彼女のエロシーンの多くは共通ルート上にあるので、共通ルートが実質的な郁美ルートも兼ねている。

郁美は、他の演劇部員達と違って、芸能界に関わり合いがなかった。しかし、友達思いの郁美は、親友の結乃が苦しんでいるのを見捨てることができない。それ故、郁美は結乃を守るために佐久間会長に処女を捧げ、その後は結乃の代わりに性接待をする羽目になるのだ。

性接待の相手は、プロデューサーやタレント、外国人役員など。バイト先の店長にバレてしまい、口止めセックスを要求されることもある。郁美は結乃のためにやりたくもない”仕事”をしているのに、演劇部に顔を出せなくなったことで、結乃との関係が悪化してしまう……何とも遣る瀬無い話だ。

郁美「んううぅぅっ……本当に……変態……(以下略)」 / 出典:同上

郁美は、犯されている最中、強気で生意気な態度を取ることも多い。犯す側からみれば、実に犯し甲斐のある少女だ。しかし一方で、郁美は、下手(したて)に出るべき相手にはなるべく敬語を使い、従順な態度を取ろうとする――そうしようと努めているのは分かるのだが、完全に従順になり切れていないところが、彼女の魅力でもある。

そんな郁美のエロシーンは、女子学生達のなかでは最もハードだ。危ないおクスリまで使われて調教されてしまう女子学生は、郁美だけである。

東ヶ崎 結乃 CV:日向美紅

東ヶ崎(とうがさき)結乃(ゆの)は、郁美の親友の芸能科2年生。

結乃の亡き母は有名な女優であり、結乃もまた父が経営する小さな芸能事務所に所属していた。しかし、佐久間会長のバーン芸能事務所が自宅の抵当権を握っていたため、脅されて移籍を余儀なくされる。さらに結乃は父には内緒で、家の借金返済のために奴隷契約同然の契約を結ばされ、性接待要員として酷使されることになる。

結乃「(前略)東ヶ崎結乃は…… 会社の所有物として一切の……プライバシーを……求めません」 / 出典:同上

性接待の相手は、業界の大物や芸能人、演出家、スポンサー企業の重役など。また、結乃は、失職した父が新しい仕事をクビにされないように、工事現場の監督や作業員達に股を開くこともある。

結乃はとても家族思いな娘なので、彼女の心を折るにあたっては当然、その家族愛が利用される。私見では、本作で一番の絶望を味わわされることになるのは結乃だと思う。そして、個別ルートのエンディングに一番納得感があるのも彼女だ。

結乃のエロシーンは、長時間に渡り何度も犯され続けるものばかりだ。声優さんの優れた演技も相まって、穢されてぐったりした結乃が切実に許しを請う場面の数々が、とても印象に残っている。あんなふうに懇願されると、犯している側としては、逆にもっと嬲りたくなってしまうだろう。

白石 梨々紗 CV:藤色朔

白石(しらいし)梨々紗(りりさ)は、世界的に有名な画家の両親を持つ芸能科3年生。演劇部では美術を担当。芸能界には、街でたまたま声をかけられて何となく入っただけなので、執着はないという。

梨々紗は、他の演劇部員達と違って、お金には困っていない。梨々紗が芸能界の闇にはまったのは、友情のためである。梨々紗は、果純の家族を路頭に迷わせないために、自分が果純の身代わりとなって芸能関係者への性的接待を行うことにしたのだ。

梨々紗「お願いします……私に……この……ち、チ○ポを…… しゃぶらせて……ください」 / 出典:同上

接待相手は、業界の大物やプロデューサー、ミュージシャンなど。慣れないなりに相手の求めに応じて役割をこなそうとする態度が見られるあたり、梨々紗の性根は素直で真面目なのだろう。

体の反応もわりと素直で、堕ちる前からすでに強い快楽を感じているのが分かる。そんな彼女だからこそ、AVデビューさせられた後にああなってしまうのも納得だ。

なお、梨々紗だけは、処女喪失シーンが2種類用意されている。1つは会長によるレイプで、もう1つは会長達による輪姦。輪姦での二穴処女同時喪失が見られるのも、梨々紗だけだ。

向 果純 CV:水瀬ゆき

(むかい)果純(かすみ)は、ロリ巨乳の芸能科1年生。母を早くに亡くし、脳梗塞で倒れた父は現在リハビリ中だ。

貝川社長にレイプされた果純は、レイプ映像をネタに脅されて、過激さが売りのマニアックなグラドルとしての活動を強要される。果純はまた、苦しい家計を助けるために、芸能関係者相手の性接待でもお金を稼ぐようになる。

果純はグラドルとしてもちゃんと活動しており、その裏活動としてファン達との輪姦交流会に参加させられたり、ラジオ出演中にローター責めされたりする。他の演劇部メンバー達はもっぱら性接待させられてばかりだったが、果純は表舞台でもしっかり稼いでいるようだ。

果純「くぅ……ひうぅ……すごい臭い……。早く顔を拭きたいよぉ……。顔に臭いが残ったらどうしよう……」 / 出典:同上

気弱な果純は、体がエッチに対応できるようになっても、快感を塗りつぶす嫌悪感に苛まれ続ける。嬲れば嬲るほど良い反応がかえってくるので、男達が陵辱したくなるのも無理はない。

しかし、そんないじめられっ子体質だった果純も、いったん堕ちてしまえば変わるものだ。ヒロイン達のなかで堕ちた後のギャップが一番大きいのは、果純かもしれない。

初瀬 未希 CV:たくみみえ

初瀬(はつせ)未希(みき)は、貝川社長の会社でマネージャーをしている大人の女性だ。現役AV女優としても活動しており、性接待業務も自ら担っている。また、未希は郁美の世話役でもあるため、郁美と一緒に性接待したり、あるいは郁美とともに陵辱されたりすることもある。

セックス慣れしている未希は、女子学生達とは違って、はじめから快楽を受け入れている。ザーメンの臭いで興奮する体になっているらしい。個人的に憎しみを抱いている相手に犯されても、内心はとても淡々としており、快楽もしっかり感じている。

私は拘束されたまま身体を跳ね上げて、悟られないよう静かに絶頂した。 / 出典:同上

未希のエロシーンは、女子学生達と比べて、きつめのハードプレイが多い。スパークリングワイン浣腸ピストンマシーンによる二穴責めがあるのは、未希だけだ。複数の男達とのプレイも当然のように行われる。

未希は佐久間達に過去の因縁から復讐心を抱いているが、彼らはそのことを知らない。もし復讐の計画が露呈した場合、未希は無事ではいられないだろう。

評価

評価:優 基本CGは84枚(*特典分を含まず)であり、フルプライスとして妥当な枚数を揃えている。ただし、差分は表情・挿入・体液が主で、CG自体の変化はあまり大きくない。ヒロインの表情をクローズアップする等の演出で、差分変化の乏しさをフォローしているようだ。

輪姦中心のエロシーンについては、長時間に渡る情け容赦のない陵辱が徹底されている点が素晴らしい。前半と後半に分かれたエロシーンでは、男達は交代することもあるが、ヒロインは交代なしで、ほとんど休む間もなく犯され続ける。ヒロインが心身ともに疲れ果てぐったりしていても、精力旺盛な男達は何の配慮もしない。

ヒロインが快楽よりも嫌悪を強く感じており、なかなか正気を失わないことも好ましい。ヒロインが気持ちよさそうに犯されるよりも、なるべく痛ましい様子で犯されるほうが、強姦であることを本質とする輪姦の趣旨に適っているからだ。

また、心折れた後のヒロインの変わり様にも心惹かれるものがある。絶望的な出来事を経て心が折れてしまったヒロインは、無遠慮なセックスに喜びを感じるようになる。だが、それはよくある陵辱作品のヒロインのように心身ともに快楽堕ちしたから、という単純な理由ではない(*薬漬けにされた某ヒロインを除く)。自分を取り巻く残酷な環境の変化を諦めて受け入れた結果、セックスや人生に対する価値観が塗り替えられ、何が自分にとって”幸せ”なのかという判断基準が歪められたからだ。

本作は、性接待を強要されたヒロインの悲哀と、輪姦中心のエロシーンを描いた作品として非常に秀逸だ。ヒロインが絶望に至るまでの過程がとても丁寧に描かれているので、あのような末路に至ったことにも説得力を感じる。輪姦は1対複数だけでなく、複数ヒロインを交えたものも”島での大規模性接待パーティ”という形で用意されており、抜け目がない。

エロシーンのリスト

このリストは、表示件数を増やしたり、並べ替えたり、任意の文字列で検索したりすることができます。
No.ヒロインプレイ衣装
01-01未希《AV撮影》開脚正常位→射精後にアナル挿入。ナース服
01-02未希片足立ち二穴ファック→射精後も抜かずに連戦。スーツ
01-03結乃横向き松葉崩し(処女喪失)→射精後も抜かずに連戦。
背面騎乗二穴ファック→そのまま何度も犯され続ける。
女子学生服
01-04結乃アナル背面騎乗位→射精後に膣挿入。女子学生服
01-05果純正常位(処女喪失)。
アナル後背位→射精後も抜かずに連戦。
水着ニーソ
01-06郁美自ら開脚させられて正常位(処女喪失)→射精後も抜かずに連戦。
背面座位二穴ファック→そのまま何度も犯され続ける。
裸ハイソックス
01-07梨々紗髪コキ&騎乗二穴ファック(処女喪失)→射精後も抜かずに連戦。
三穴輪姦→射精後も抜かずに連戦。
女子学生服
01-08郁美シックスナイン。
三穴輪姦→そのまま何度も犯され続ける。
女子学生服
01-09郁美キス&密着騎乗位で奉仕→射精後にアナル挿入。女子学生服
01-10郁美&未希郁美:【狸縛り(足首解放型)】巨根外国人達が一人ずつ交代で正常位輪姦(膣→アナル)。
未希:【菱縄縛り】巨根外国人達が一人ずつ交代で背面座位輪姦(膣→アナル)。
透け襦袢
01-11郁美立ちバック→射精後も抜かずに連戦。ウェイトレス制服
01-12郁美&未希《AV撮影》
郁美:【全身電極】宙吊り拘束輪姦(口&膣)&電気責め→射精後も連戦。
未希(薬漬け):【両手拘束&首輪】三穴輪姦→射精後も連戦。
女子学生服(郁美)
裸ガーターストッキング(未希)
01-13郁美三穴輪姦&二本同時手コキ→射精後も連戦&ぶっかけ。ウェイトレス制服
01-14梨々紗&果純梨々紗:パイズリフェラ&後背位→射精後も連戦&顔射。
果純:駅弁二穴ファック→射精後も抜かずに連戦。
エロ衣装(梨々紗)
水着(果純)
01-15郁美&結乃郁美&結乃:男達に囲まれて、双頭ディルドで公開レズプレイ(開脚貝合せ)→全身ぶっかけ。
郁美:三穴輪姦&二本同時手コキ→そのまま何度も犯され続ける。
結乃:三穴輪姦&二本同時手コキ→そのまま何度も犯され続ける。
エロ衣装
02-01未希駅弁二穴ファック→射精後も抜かずに連戦→駅弁アナルファック。スーツ
02-02郁美&結乃&梨々紗&果純4人一緒に同じ場所で、膣バイブ&アナル背面騎乗位(1対1)x4→射精後も抜かずに連戦。エロ衣装(果純以外)
水着(果純)
02-03郁美&結乃&梨々紗&果純郁美:目隠し三穴輪姦&フェラ&手コキ→射精後も連戦&ぶっかけ。
結乃&梨々紗&果純:尻を並べて串刺しファック(ヒロイン1人につき2人相手)→そのまま何度も犯され続ける。
郁美:三穴輪姦&二本同時手コキ&クリと乳首をローター責め→射精後も連戦&ぶっかけ。
エロ衣装(果純以外)
水着(果純)
02-04結乃正常位→射精後も抜かずに連戦。女子学生服
02-05結乃立ちバック→そのまま何度も犯され続ける。
三穴輪姦→そのまま何度も犯され続ける。
私服
02-06結乃背面騎乗位→そのまま何度も犯され続ける。裸ニーソ
02-07結乃車内で串刺しファック→そのまま何度も犯され続ける。
露天風呂で三穴輪姦→そのまま何度も犯され続ける。
女子学生服
全裸
02-08結乃目隠しされたまま四つん這いになり、参加客達のチンポ当てゲーム。
仰け反り串刺しファック&二本同時手コキ→そのまま何度も犯され続ける。
下着
全裸
02-09結乃駅弁二穴ファック→そのまま何度も犯され続ける。女子学生服
02-10結乃密着騎乗二穴ファック→そのまま何度も犯され続ける。裸ニーソ
02-11結乃《ソーププレイ》泡まみれで騎乗二穴ファック→射精後も抜かずに連戦。全裸
02-12梨々紗まんぐり返し?レイプ(処女喪失)→射精後にアナル挿入。
串刺しファック→射精後も連続抽送。
女子学生服
02-13梨々紗フェラ奉仕。
騎乗位で奉仕→射精後も抜かずに連戦。
女子学生服
02-14梨々紗《ヌードモデル》自ら腰を浮かせて開脚→膣とアナルにバイブ挿入→乳首とクリに洗濯バサミ追加。
串刺しファック&二本同時手コキ→そのまま何度も犯され続ける。
裸リボン
02-15梨々紗対面座位で奉仕→射精後も抜かずに連戦。下着
03-01梨々紗《触手に囚われた猫のイメージプレイ》猫の尻尾型バイブプラグを挿入→"膣"にアナルビーズを出し入れ→膣からアナルビーズを抜いて、ペニス挿入。猫コスプレ
03-02梨々紗女子寮の自室でレイプ→演劇部員達が部屋のドアの前にいるが、居留守。
騎乗二穴ファック→そのまま何度も犯され続ける。
部屋着?→全裸
03-03梨々紗一人ずつ交代して首絞め輪姦&ぶっかけ。女子学生服
03-04梨々紗《女スパイ尋問AV撮影》【両腕吊り拘束】
背面騎乗二穴ファック→射精後も連戦。
三穴輪姦→射精後も連戦。
キャットスーツ
03-05果純 ベッドに手をついて中腰四つん這いになり、アナルを舐められる。
アナルを指で弄られながら密着騎乗位→そのまま何度も犯され続ける。
水着ニーソ
03-06果純串刺しファック→そのまま何度も犯され続ける。
騎乗二穴ファック&二本同時手コキ&パイズリ→そのまま何度も犯され続ける。
女子学生服→全裸
03-07果純《ラジオ収録》トーク中に乳首ローター責め→膣とアナルにローター追加。全裸
03-08果純《ファンとの輪姦交流会》
一人ずつ交代で馬乗りパイズリ輪姦。
一人ずつ交代で正常位輪姦。
全裸
03-09果純《教室で男子学生による輪姦》
一人ずつ交代でフェラ輪姦。
【机に仰向け磔】【口枷】一人ずつ交代で輪姦。
下着
03-10果純《AV撮影》【両手足枷】
まんこを拡げられて撮影→何度も連続中出しレイプ。
三穴輪姦→射精後も連戦。
女子学生服
03-11果純中腰立ちバック→射精後も抜かずに連戦。
三穴輪姦&二本同時手コキ→射精後も連戦&ぶっかけ。
私服?→全裸
03-12未希《AV撮影》
【四つん這い拘束】ピストンマシーンによる二穴責め→乳首ローターを追加して再度抽送。
【大の字立位拘束】二穴ファック→そのまま何度も犯され続ける。
裸ガーターストッキング
03-13未希《カーセックス》佐久間との背面座位→射精後、窓を開けて連戦。スーツ
03-14未希航空機内で巨根外国人との対面座位&スパークリングワイン浣腸(ボトル口をそのままアナルへ挿入)→中出し&液体排泄→貝川も交えて二穴ファック。エロドレス
03-15未希佐久間との密着騎乗位&唾液交換キス→射精後も抜かずに連戦&アナル指責め&唾液交換キス。裸ガーターストッキング
04-01未希《ファンとの乱交撮影会》
顔騎&二本同時手コキ&フェラ→そのまま大勢のファン達の精液を搾り取っていく。
馬乗りパイズリ&二本同時手コキ&膣挿入→そのまま何度も犯され続ける。
エロメイド服
04-02未希《拷問撮影》【クスリ注射済】
【目隠しラテックスフード】【うつ伏せ宙吊り拘束】膣挿入→射精後、串刺し窒息ファック。
【台上でM字開脚拘束】【乳首とクリに電極】ピストンマシーンによる二穴責め&電気責め&精液ぶっかけ。
全裸
04-03郁美《マジックミラー車内での陵辱撮影》
ミラーガラスに押し付けられて片足立ちファック→射精後も抜かずに連戦。
背面騎乗二穴ファック→三穴輪姦→射精後も抜かずに連戦。
女子学生服
04-04郁美&未希郁美:未希の前で串刺しファック→射精後も抜かずに連戦。
未希:【後ろ手拘束】首輪のリードを引かれながら三穴輪姦→そのまま何度も犯され続ける。
全裸
04-05未希《異国の売春窟で強制売春》騎乗位&二本同時手コキ→射精後も抜かずに連戦。全裸

販売サイト(DL版, パッケージ版)

ダウンロード版

記事執筆時点では未発売です。

パッケージ版
Guiltyの販売作品リスト
エロゲーエロゲーレビュー
著者
Asmiya
Asmiya

旧サイト(DLdou)含めて10年近く、主にエロゲーのレビューや攻略記事を書いています。レビューは「その作品の購入を検討するにあたって必要となる情報を、出来るだけシンプルに詰め込もう」という観点から試行錯誤しており、時折書き方が変わることがあります。更新情報はTwitterやフィード(RSS)で配信しています。

Asmiyaをフォローする
エロゲ・カタリ