神聖昂燐アルカナルージュ~白濁と触手に穢されし魔法少女たち~ レビュー(評価:可)

膨らみかけの魔法少女たちと担任教師の甘々なセックス――あるいは、陵辱。快楽に喘ぐだけでなく、苦痛と嫌悪に苛まれる少女たち。甘えと献身が両立するヒロインの魅力は引き出せている。ただし、序盤の構成に難あり。

ストーリー

あらすじ

教師の主人公は、ある日、担任クラスの女生徒3人が魔法少女として冥魔と戦っている現場に遭遇した。主人公は血や体液を媒介として魔法少女に魔力を譲渡する能力を持つが、譲渡しすぎると性的興奮が抑えられなくなる。茜、葵、ミアの処女を意図せず奪った主人公は、3人の部活顧問として、魔法少女の活動をサポートしていく。

序盤の構成に難あり

序盤の出来がとても拙いので、その時点では駄作を掴まされたかと思った。

敵対する冥魔の口調がとても説明的で、つまらない。 ヒロインの貴重な処女喪失シーンは唐突に発生する上、内容が薄っぺらい。選択を一度間違えると必ずゲームオーバーになるが、ワンパターンで脈略のない結末しかなかった。

しかし、主人公が魔法少女の部活顧問となってからは、ストーリー展開も安定してくる。理不尽なゲームオーバー直行がなくなり、説明的な台詞回しもだいぶ改善された。エロシーンも、処女喪失時とは違って、複数の基本CGを用いた長尺のものが基本となる。

ヒロインのキャラ立ては良好

ヒロインたちのエロティックな魅力については、充分に引き出せていたのではないかと思う。処女喪失の時点からヒロインの反応には違いがあり、後のエロシーンでも身体的特徴や性格の違いが活かされている。

ヒロインに共通するのは、主人公のことが大好きだということ。魔法少女3人組にしろ、敵対する冥魔少女ノワールにしろ、厳しい状況にあっても何とか主人公を生かすのに、彼女たちなりの最善を尽くしている。

魔法少女たちは、主人公に接する普段の態度こそ違えど、致命的な状況にあってはとても献身的だ。その一方で、主人公とのセックスでは、初々しいながらも積極的に交わり、甘えてエッチなおねだりをしてくるところがとても良い。

エロシーン

エロシーン数 合計31:茜 6, 葵 6, ミア 6, 冥 7, 葵&冥 2, 茜&葵&ミア 2, 茜&葵&ミア&冥 2

エロシーンは、和姦と陵辱どちらもあり、割合としてはやや陵辱が多い程度。陵辱は主に異種姦

陵辱は冥魔だけでなく、主人公によっても行われる。ただし、ヒロインは主人公が好きなので、冥魔に犯されるのと比べれば嫌悪感は弱い。

陵辱の際、ヒロインは媚薬等を盛られることがある。その場合、ヒロインは、冥魔等に犯される嫌悪感はもちろんあるけれども、肉体的には激しい快楽を感じる。しかし一方で、媚薬等が使用されない陵辱シーンもある。その場合は、耐え難い苦痛を感じるので、リョナ寄りのエロシーンになる。

エロシーンの具体例については、以下のヒロイン別のリストを参考にしてほしい。このリストにおいて「。」は基本CGが入れ替わることを表している。

緋神 茜(CV:梅原亜衣)

アルカナルージュ。優しく明るい子。意外にも3人のなかでは一番勉強が苦手。

エロシーンでは主人公に焦らされ、甘えておねだりする様子が可愛らしい。膨らみかけの胸にはじめてブラを付けたのは主人公のため。普通のブラではなくて、スポーツブラというところがまた可愛い。

主人公との和姦
  • 制服:背後から愛撫。全裸:正常位
  • 制服:騎乗位
主人公による陵辱
  • 街中、変身衣装:処女喪失(立ちバック)
冥魔による陵辱
  • 教室、変身衣装:触手拘束責め(膣挿入、口・アナル挿入)。 ぼて腹化:蟲出産、触手によるアナル媚薬塗布
  • 街中、制服:通行人らの前で公開触手責め。 カクエンによる公開駅弁ファック(連続中出しぼて腹化)
  • 野外、変身衣装:まんぐり返しの格好で強制オナニーショー。 巨根の主人公と背面座位

氷上 葵(CV:野中みかん)

アルカナヴィオレ。大人しく控えめで、自己主張が苦手な子。レイプされても相手を責めるよりむしろ自分を責めるタイプで、過去のトラウマからくる罪の意識に苛まれている。

ヒロインのなかでは、最も胸の発育が良い。主人公が喜びそうなこと=Hをネットや本で調べて、しっかり予習してきている。自分はエッチで悪い子だからお仕置きしてほしいようだ。まだ幼いのに精液を飲んで興奮できるなんて、淫乱の素質がある。

主人公との和姦
  • 教室、制服:パイズリフェラ(ごっくん)。 机上仰向けセックス
  • 屋上、制服:対面立位
主人公による陵辱
  • 路上、変身衣装:処女喪失(まんぐり返し)
冥魔による陵辱
  • 野外、変身衣装:恥垢まみれのペニスを強制口淫(ごっくん&顔射)。 四つん這いでアナル姦、膣姦
  • 公園、制服:触手緊縛、舌状触手で全身舐め回し。 ミズチの体内:触手電気責め
  • 路上、変身衣装:カイエンが肛門、ミズチが口と膣を犯す(ぼて腹化)。 街中:主人公による公開レイプ(膣、アナル)

柏山 ミア(CV:渋谷ひめ)

アルカナブラン。天真爛漫に振る舞い、主人公をよくからかうが、根はとても素直な子。正直言って、エロシーンでは一番印象が薄いのだが、エンディングシーンで執拗にアレをねだってきたのには恐れ入った。将来はきっとバブみのある奥さんになるだろう。

主人公との和姦
  • 制服:自ら開脚し秘所をさらけ出してクンニされる(失禁)。背面側位
  • 制服:騎乗位
主人公による陵辱
  • 街中、変身衣装:処女喪失(後背位)
冥魔による陵辱
  • 変身衣装:下級冥魔たちによる触手輪姦(膣・肛門・耳穴挿入、尿道ストロー挿入、失禁)。 触手による二穴責め、精液プール漬け
  • 変身衣装:触手拘束&蟲姦(ダンゴムシと触手が膣内侵入、巨大ミミズが口姦)。 カクエンによる巨根強姦(大量射精でぼて腹、ぶっかけ)
  • ファミレス、変身衣装:カクエンによるアナル姦&膣を太い指責め、 ミズチの触手で乳首と陰核に催淫剤注射、母乳噴出。 母乳を吹きながら、主人公による背面立位ファック

四堂 冥(CV:櫻井ありす)

冥魔少女ノワール。ロ○ビッチ風な態度も取るが、意外と純情。冥王様に身も心も捧げるつもりだったが、実際に捧げた相手は……。

肌の色は綺麗な褐色だが、下着の下は真っ白で、桜色の乳首が浮かんでいる。エロシーンではこのいやらしい肌色のコントラストを惜しげもなく晒してくれるので、美少女の褐色・日焼けスキーには堪らない。

主人公との和姦
  • 足コキ(ニーソ着用、ぶっかけ)。 ペニスで胸を弄ばれる(ぶっかけ)、処女喪失(背面座位、失禁)
  • 変身衣装:騎乗位(連続中出し、失禁)
  • 対面座位
冥魔による陵辱
  • 変身衣装、X字磔:触手による三穴責め(ぼて腹化、失禁)。 手枷:触手による膣・腸内への卵移植、卵への受精、触手出産
  • 変身衣装:カクエンの巨根でアナルファック(失禁)。 触手拘束:カクエンが肛門、ミズチが口と膣を犯す
その他
  • 野外:オナニー(失禁)

複数ヒロイン

茜&葵&ミア
  • 変身衣装:主人公による触手拘束責め
  • 変身衣装:男たちへの強制口淫奉仕。 尻を並べて輪姦(膣、肛門を順番に)。 冥魔と男たちによる輪姦
葵&冥
  • 冥が葵に無理やり愛撫
  • 仰向けに二人重ね(葵が下):冥が葵に愛撫されながら主人公とセックス、 葵と冥に交互挿入(ぶっかけ)
茜&葵&ミア&冥
  • 変身衣装:主人公による触手拘束責め。 全員ぼて腹:冥魔出産(脱膣)
  • 制服:クワドロプル手コキ&口淫。 四人並べて順番にセックス

総評

長所
  • 甘えと献身が両立するヒロイン
  • 苦痛、嫌悪、快楽のいずれも楽しめるエロシーン
  • 甘い和姦とハードな陵辱
  • ぷにぷにした幼い肉体の質感
短所
  • 序盤の出来が悪い
  • 独立した充分な尺のある個別ルートがない
  • 基本CG枚数が少なめ(本編CG 50枚)
  • 一部の作画が不安定

評価:可 膨らみかけの美少女に甘えられるのは至福であり、彼女の献身は尊い。平和のために戦う魔法少女が陵辱され、化け物の仔を強制的に出産させられるのは憐れだ。せめて快楽を感じていればいいのだが、苦痛と嫌悪しか与えられないときもある。 本作は、幼い正義のヒロインたちに天国も地獄も平等に与える作品であり、それがコンセプトであれば成功していると思う。

しかし、序盤の出来の悪さに加え、独立した個別ルートを用意できなかったのは残念なことだ。ほとんど一本道に近いシナリオを部分的に分岐したような構成であり、個別のエンディングが取ってつけたように感じる。さらに分岐させた代償として、同じシーンを何度も観るような構成になっているのも拙い。

また、準フルプライス級(PK通常版 税別7,800円)の作品なのに、おまけを除く基本CGが50枚しかない。コスパが良いとはお世辞にも言えない内容であり、良作と呼ぶにはまだ足りないものがある。

攻略記事へのリンク

販売サイト(DL版, パッケージ版)

ダウンロード版
パッケージ版
CHAOS-Rの販売作品リスト